2010年04月05日

若狭沖で見つかったカメ、剥製にして展示(読売新聞)

 福井県若狭町沖で見つかったウミガメの一種「オサガメ」の剥製(はくせい)が完成し、同町世久見の同県海浜自然センターで展示されている。5月9日まで。

 オサガメは甲羅の長さ約110センチで、昨年6月、定置網にかかり死んでいた。同センターによると、主に外洋で生息しているため沿岸部で見つかるのは珍しく、剥製も国内には数例しかないという。

 絶滅が危惧(きぐ)されているが、若狭湾では昨年、計4件の発見が報告されており、同センター職員は「若狭湾に生息する生物の多様性を知ってほしい」と話している。

久々の卵? トキが産卵の可能性(産経新聞)
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化−警察庁(時事通信)
女性宅で下着盗もうとした警視庁警部補を逮捕(読売新聞)
<訃報>原田俊夫さん89歳=早大名誉教授、元白鴎大学長(毎日新聞)
「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
posted by イワキリ リョウゾウ at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

<足利事件>菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で(毎日新聞)

 菅家さんの無罪判決を祝う集会が26日夜、宇都宮市内で開かれた。「無罪判決おめでとう!」の横断幕が掲げられ、菅家さんは「この日を待っていた。本当にありがたいと思っています」とあいさつした。会場には、免田事件で再審無罪となった免田栄さん(85)や、狭山事件の石川一雄さん、富山・氷見事件の柳原浩さんらも駆けつけ、菅家さんと喜びをともにした。【中村藍】

【関連ニュース】
足利事件:「冤罪の構図」解明は? 26日に再審判決
日弁連:「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言
三崎事件:証拠品付着の血液、DNA鑑定へ…再審請求中
足利事件:「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙
足利事件:菅家さん無罪 裁判長が謝罪 宇都宮地裁

悪質ファンドを徹底摘発へ 警視庁が集中取締本部を設置(産経新聞)
市販薬ネット販売禁止は「合憲」…東京地裁(読売新聞)
<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)
<宅八郎氏>不起訴処分に…神戸区検(毎日新聞)
男児暴行死、傷害致死罪に変更=両親殴打が原因と判断−東京地検(時事通信)
posted by イワキリ リョウゾウ at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。