2010年02月06日

三菱ふそうトラック・バスが9万台リコール(産経新聞)

 三菱ふそうトラック・バスは2日、エンジンに不具合があるとして、小型トラック「ふそうキャンター」など4車種計9万118台(平成9年10月〜20年4月生産)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 エンジン内部のギヤを固定する部品の強度が足りず、最悪の場合、ギヤが外れ、エンジンが停止してしまう恐れがある。

 同じエンジンを使っている日産自動車の「シビリアン」計1216台(17年11月〜19年6月生産)と、タダノのクレーン車4車種計299台(17年12月〜19年3月生産)も同様の不具合で、それぞれリコールを届け出た。

【関連記事】
トヨタ再生に暗雲 北米でイメージダウン
トヨタ副社長謝罪 北米などの販売減に強い懸念
ホンダ、インドで小型車をリコール
フォード、中国で一部車種の生産中止
シャープが両開き冷蔵庫リコール 約97万5千台

<詳細領収書>全患者に発行を…薬害被害者ら厚労省に要望書(毎日新聞)
長時間作用型のインフル治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)
さっぽろ雪まつりが開幕=市民が作ったマイケルさんも(時事通信)
小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮−亀井担当相(時事通信)
posted by イワキリ リョウゾウ at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。