2010年02月27日

点検期限超過で2カ月半飛行=スカイネットに厳重注意−国交省(時事通信)

 スカイネットアジア航空が、国が義務付けた点検期限を超過したままボーイング737−400型機3機を飛行させていたことが分かり、国土交通省は24日、同社に厳重注意するとともに、ほかに同様の期限超過がないかを調査した上で、来月10日までに再発防止策を報告するよう指示した。
 国交省によると、期限を超過していたのは(1)発電機が正常に機能するか(2)離陸時に異常があった場合の警報装置が作動するか(3)フラップと呼ばれる可動翼の駆動部に摩耗などがないか−の点検。最大2カ月半以上超過したまま飛行させていた。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
乱気流で16人けが=成田着のユナイテッド機

結婚詐欺・連続不審死 殺人罪で木嶋容疑者起訴(産経新聞)
<無理心中?>妻を殺害後自殺か 80代夫婦死亡 新潟(毎日新聞)
<裁判員裁判>米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認(毎日新聞)
「知らなかった」鳩山首相“故意の脱税”否定(産経新聞)
自民・石破氏「派閥解消、あつれき覚悟で」(読売新聞)
posted by イワキリ リョウゾウ at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。